仮住まいのワン日記

保護犬の一時預かりボランティアをしています。

ぶんちゃんを連れて帰る




可愛いすぎるふたちゃんとの別れにメソメソしていたら…




「ぶん子を連れて行くか?」




と、キュウタさん





「はい」[E:crying][E:crying][E:crying]






寂しいし…

一碧のプロレス相手もお願いできるし…

そんな考えはあったようななかったような。



そもそも、そのつもりでいたような。



いやいや、寂しさのあまり
なんにも考えてなかったような。







ところが、





寂しくなった我が家で、
ぶんちゃんは物静かーに、そして遠慮気味に。


しかも、初日から私でなく父ちゃんに甘える!









翌日も、私より父ちゃんに甘える‼︎








次の日も、父ちゃんと寝る!!!









甘え方も、なにもかもが控えめで。
そのけなげさがたまらなく愛おしくて。






公園で一碧とプロレスしていたときのぶん子といえば…






『アタシに勝とうだなんて10年早えーんだよ』って感じだったのに(笑)





なんかね、

なんかね、

なんかね、

ずーっとここにいてほしくてね



訳あって、
ぶんちゃんって呼び名には違和感がありまして(笑)

高校時代の友達の呼び名と同じなんだけど、
彼女のキャラがハンパなく濃くて(笑)
脳裏に浮かぶ彼女の映像も濃すぎて(笑)


なので、

もし、別の名前をつけるなら


「なつ」
「夏」でなく「ドーナツ」の方の発音。

なっちゃん」だって思って。
もうそれ以外に考えられないくらい


なっちゃん♡」





でね♡

1週間後に♡

なんだか当たり前のように♡

決めたのだ‼︎とある事を‼︎